MotorolaとLenovo、Intel Atom「Medfiled」プロセッサ搭載Android端末を投入へ!


 CES2012にて、中国Lenovoと米国Motorola MobilityがIntel Atomプロセッサ(Medfield)を搭載したAndroid端末を投入することを発表しました。


 LenovoとMotorola Mobility(以下Motorola)は、Intelの新世代Atomプロセッサとなる、Medfieldを採用したAndroid端末を今後発売することを発表しました。

 また、Motorolaについては、Intelとパートナー契約を結び今後のスマートフォン向けプロセッサへの技術共有等を行うようです。

 Motorolaに関してはまだプロトタイプすら発表されていませんが、Lenovoに関しては既に動作するモックアップがCES2012にて展示されています(上記の画像)。どうやら世界初のx86 Android端末となるようです。

 仕様等は以下の通り。

  • CPU:Intel Atom Z2460 1.6Ghz シングルコアプロセッサ(x86 HT対応)
  • GPU:Imagination PowerVR SGX540
  • OS:Android2.3ベースのx86最適化OS
  • ディスプレイ:4.5インチHD(1280×720)ディスプレイ
  • カメラ:800万画素 デュアルLEDライト搭載
  • Wi-Fi:802.11b/g/n
  • Bluetooth:Bluetooth 3.0

 同時にウェブブラウザJavaScriptベンチマークのSunSpider結果も公開されていました。SunSpiderは値が低ければ低いほど高速ということになります。(処理にかかった時間となります)

    ■SunSpider JavaScript Benchmark

  • ★Lenovo K800(HD,Android2.3) : 1971ms
  • Google(Samsung) Galaxy Nexus(HD,Android4.0) :1985ms
  • Apple iPhone 4S(960×640,iOS5) : 約2200ms
  • Samsung Galaxy S II(WVGA,Android2.3) : 約3600ms

 Android2.3ベースにもかかわらず、高速ですね。ICSになったらより早くなるのでしょうか。

 といっても、他のAndroid端末とはそもそもプロセッサの種類が違い、x86アーキテクチャとなるため、ARM向けネイティブコード(高速化の為に結構な数のアプリで使われてたりします)が含まれるアプリは動かない事になります。また、x86アーキテクチャはARMに比べ電力食いだとも言われています。

 今後どうなっていくかは謎ですが、互換性やOSの追従速度などから見てとりあえずまだ様子見かな、と個人的には思うところです。

Sources:
Engadget
DroidLife

comments powered by Disqus