「アップルが止めようとしたあのタブレット!」サムスンのGalaxyTabの宣伝がうまい件

 Appleの訴訟が、結果としてサムスンの宣伝を利する形になっているようです。

日米欧アジア豪州と世界中で同時展開するアップル vs サムスン訴訟大戦の話題。サムスンがAndroidタブレットGalaxy Tab 10.1の広告に、「アップルが差し止めようとしたあのタブレット」なる文句を採用しています。これはアップルが求めていた Galaxy Tab 販売差し止めの仮処分 (の再開) を、オーストラリアの連邦裁判所が退けたことを受けたもの。

アップルは Galaxy Tab 10.1 が iPadのコピー商品であると主張し特許訴訟を起こしており、10月には現地で一時的な販売差し止め請求を認めさせていました。その後は11月にサムスンの反論が通って再び販売が認められ、そこにまたアップルが反論し、と文字どおりの一進一退でしたが、今月に入って上級審がアップルの差し止め請求を却下したため、ようやく各キャリアからの販売が始まろうとしています。

一連の騒ぎは現地のメディアでも多く採りあげられたため、話題になった「あの」タブレットが解禁されましたよ、と地元紙に掲載したのが上記の広告です。地元紙 Sydney Morning Herald のインタビューに答えて豪州サムスンの通信担当VP Tyler McGee 氏が語ったのは、「結局、メディアで扱われたおかげで、Galaxy Tab 10.1 が一般に知られた名前になったことは確かです。われわれがマーケティングに投資するはずだった金額から想定していたよりも」。

 Appleか、サムスンか?という決戦を演出することによって、サムスンは着実に上り詰めてきました。

 ただ単なる模倣であれば数ある中華製Android端末に埋もれるはずですが、使いやすい確かな作りこみと、こうした宣伝戦略によって、メーカーとして現にトップに君臨しています。

 これからもAppleとサムスンの戦いからはしばらく目が離せそうにありません。

Source:engadget