アクティブ利用者数比較で、Facebook for AndroidがついにiPhone版を上回る。

 Android用Facebook公式アプリの利用者数がiPhone版を上回ったそうです。

AppDataの調査によれば詳細に見るとAndroid版が5830万DAUで、iPhone版が5740万DAUになるそうだ。

ちなみにAndroidデバイスは毎日550,000のアクティベーション数で伸びており、「タイムライン」対応でもiPhone版に先行した。今後はAndroid版がiPhone版に対するリードを広げていくのではないかと思われる。

 一方で、iPad版アプリはAndroid版とは別に集計されており、Androidが優越したのはそのためでは、という指摘もあります。

 しかしながら、今まではiPhone版アプリへの機能実装が優先されていたのに対し、今回Facebookのタイムライン機能を、Android版は先行する形で組み込まれており、従来のiOS優先の姿勢は崩れたのは間違いなく、Androidの勢いは止まりそうもありません。

 アプリのリリースでiOSとAndroidを比較できる立場にある人は、開発のしやすいiOSに先行リリースが行われることは半ば常識ですが、Facebookという巨頭が、Androidを最大のマーケットであると認識したことで、これからはAndroidに対してリリースを優先する企業や個人が増えてくる可能性があります。

(Source:TechCrunch)

余談)Facebookにすまほんのファンページを作ってみました。更新通知など行なっていますので、お気に召しましたらイイネしてみてください。