サムスン、2011年の販売台数が3億台突破。

SAMSUNGの2011年の販売台数は3億台を突破したようです。

 韓国Samsung Electronicsは12月11日(現地時間)、モバイル端末の2011年の販売台数が、同社史上初めて3億台を超えたと発表した。この台数は、同社が世界で販売しているスマートフォン、タブレット、携帯電話を合わせたものだ。

同社の2010年第4四半期の業績発表によると、2010年通年のモバイル端末販売台数は約2億8000万台だった。

Samsungは、スマートフォンの「GALAXY S」と「GALAXY S II」が特に好調で、これらの製品がGALAXYブランドを世界で最も広く認められたモバイルブランドの1つにしたとしている。

米GoogleのAndroidを搭載するGALAXY S IIは4月に発売された。9月末には累計販売台数が1000万台を超えたという。

米調査会社IDCによる第3四半期(7~9月期)の世界スマートフォン市場調査では、Samsungが出荷台数で米Appleを抜き、首位に立った。市場シェアは20%。

GALAXYシリーズは国内でも快進撃を重ね、GALAXYS2LTE SC-03Dも販売ランキング上位です。

海外では売上だけでなく、GoogleブランドのNexusシリーズを製造するなど、品質や技術力でも確実に地位を築いています。

(Source:ITmedia)