さようなら、Sony Ericsson。さようなら、Xperia。(更新)


 世界最大の家電見本市、CES 2012にて、SonyEricssonから2012年モデルのXperiaシリーズ、Xperia NXTシリーズが発表されました。

 それと共に、発売メーカー名がSony Ericssonから、SONYに変更となりました。おそらく、今後社名も変更になると思われます。
更新)正式に発表されていました、Sony Ericsson Mobile CommunicationsSony Mobile Communications変更されるようです。

 2012年に発売されるXperiaシリーズは、どうやら国内モデルである”Xperia acro HD”を除いて全てSONYとしての発売になる模様です。

 2012年に発表されたXperia、それは、多くの人を失望させ、ブランド価値を大幅に低下させるものとなると私は予想しています。その理由は多々あるのですが、とりあえず今回は、性能、仕様を重点に話を進めたいと思います。

  1. 大幅に変更されたデザイン
    Xperia NXTシリーズは過去のXperiaの流れを断ち切る、新たなデザインとなりました。これについては賛否両論あるようですが、殆どの場合こんなものはXperiaではない、という意見を目にします。
  2. バラバラなメーカー名、そして仕様
    NXTシリーズはSONY初のXperiaシリーズとなる一方、国内で先行発売される”Xperia acro HD”に関しては従来通りSony Ericssonとして発売されます。
    また、仕様も大幅に食い違っており、グローバルモデルのXperia SについてはSDカードがアタッチメントを接続しないと使えなく、SIMもmicroSIMなのにも関わらずacro HDでは従来通りSDカードが利用できるという訳のわからない仕様になっています。
  3. 周回遅れでは済まされない仕様
    今回発表されたXperiaシリーズは、全てQualcomm Snapdragon S3プロセッサを搭載しています。Qualcommは2012年初期にSnapdragon S4という次世代のSoCを搭載したスマートフォンを発表する予定があり、このSnapdragon S4は新世代のCPUコアKraitを採用するものとなります。また、製造プロセスは28nmになっています。簡単にいえば、より高性能で省電力になったということです。
    Xperia NXTシリーズはS3。そう、旧世代のSoCを搭載しています。OSバージョンもなんとAndroid2.3です。

    Xperia X10を彷彿とさせるOSバージョン、Xperia arcを彷彿とさせる周回遅れのハードウェア。
    私はいい加減に呆れ返りました。

 私は今回の発表を見て、1ファンとしてしばらくXperiaシリーズに見切りをつけることにしました。

 私はこのような状況が改善される日を望みますが、果たしてこんなやる気のないメーカーが改善なんてしてくるでしょうか。

 さようなら、Sony Ericsson。さようなら、Xperia。

Sources:
Sony Ericsson(Japan)
Sony Ericsson Mobile Communication AB
Sony Ericsson Whitepaper
(追加分)
ケータイ Watch

Xperia acro HD SO-03Dの公式サイトがオープン!でもまだ工事中?
徹底比較!最強の最新Xperiaはどれだ!
さようなら、Sony Ericsson。さようなら、Xperia。
microSD対応?非対応?Xperia NXの表記ブレ!(追記あり)
KDDI 1月16日に新製品発表会 Xperia acro HDがくるか!?
SONY、新型Xperia NXと防水ワンセグ等対応XPERIA acro HDを日本市場投入
docomo SO-02D NXになると思われるSONY Xperia Sのスペックまとめ。
プレス画像が大量リーク!これが最新Xperia S Nozomiだ!
Sony Mobile Communications 誕生 SonyEricssonから改名!
初のSONYとしてのスマートフォン、Sony Xperia ION発表。