docomoが21ヶ月ぶりに契約純増数1位を獲得!…とその裏事情

 spモード障害を起こしながらまさかの純増1位!?

ですが、それには裏がありました。

 週間ダイヤモンドによると、実に21ヶ月ぶりにNTTdocomoが契約者数純増1位を獲得した模様です。

 docomoの復活劇となるか!?…いえ、そんなことはありません。この純増数増加には巧妙なトリックがありました。

 というのも、12月17日に発売したソニーコンピュータエンタテインメントの”PSVita”の3Gモデル(docomoの回線を利用)もこの契約者数に含まれているからです。

 契約者数稼ぎといえば、最近ではフォトパネル(通称ゴミ)などで行われています。つまり、フォトパネル(通称:ゴミ)の代わりにVitaが使われたということになります。

 Vitaは現在、多数の不具合を抱えている模様で、とても安定しているとは言えません。(筆者のは問題ないのですがね)

 フォトパネル(通称ゴミ)と同格に成り下がったVita。今後の展開が悪い意味でも良い意味でも楽しみですね。

 ※余談ですが、spモード障害は最近の事なので、どちらにせよあまり関係ないと思われます。

Source:週刊ダイヤモンド