SBの子会社がアプリ利用者の情報無断収集→叩かれて「利用規約に書きました」

 SoftBankのグループ会社「ビューン」のスマートフォン向けアプリで、無断での情報収集が行われていることが明らかとなりました。

情報を記録していたのは、ソフトバンクのグループ会社「ビューン」がスマートフォンやタブレットなどに提供している電子書籍の閲覧ソフトです。利用者はこのソフトを使って、およそ40種類の新聞や雑誌などを画面で読むことができますが、会社によりますと、利用者が読んだ雑誌などの内容や、どのページをどのくらいの時間をかけて閲覧したかといった情報を無断で記録し、利用者のスマートフォンなどから会社に送信していたということです。これについて会社では、「雑誌や新聞の発行元と売り上げの配分を決めるために情報を記録していた。個人を特定できるような情報は記録していない」と説明していますが、外部からの指摘を受けて、近く情報を記録することを利用規約に明記するなど、改善を図ることになりました。

 今回問題となったのは電子書籍アプリ。ソフトバンクでスマートフォンを購入する際に推奨されることの多いアプリケーションでもあります。

 もし個人情報まで送信していたら、と考えるとゾッとするところではあります。


外付大容量バッテリー 9000mAh スマートフォン 携帯電話 iPad iPhone 携帯ゲーム機対応 に