Amazon、ついに「Kindle」を日本発売!しかもドコモ回線が無料で使い放題の神プラン!


Amazonが「Kindle Fire2」、そして全く新しい「Kindleスマートフォン」でAppleに宣戦布告か

続報:アマゾンCEO「年内にKindleを日本市場へ投入する

黒船来航!アマゾン、Kindleについてなんと国内40社と契約合意済み!

 ネット通販の世界最大手のAmazonが、4月に電子書籍端末「Kindle」を日本市場で発売します。

 ドコモ回線のほか、一般の無線LANも選べる。ドコモ回線の使用料は電子書籍の購入代金に含まれ消費者に通信料金はかからない。主力端末はアマゾンが昨年11月に米国で発売した「キンドルタッチ」になるもようで、アマゾンのネット通販サイトで販売。国内で普及している携帯回線が使える電子書籍端末より価格を安くする方針。

 キンドルで好きな本をアマゾンのサイトからダウンロード、クレジットカードなどで決済する。米国では書籍代を紙の本より2、3割安く設定している。

 アマゾンは角川グループホールディングスなど出版各社とコンテンツ供給の契約交渉を進めており、一部の出版社とは大筋で合意。4月には講談社など複数の出版社が電子書籍の共同管理会社「出版デジタル機構(仮称)」を設立する。アマゾンはコンテンツ確保へ同社と一括交渉する。

via 日経

 端末価格を1万円台と格安に設定。通信料金も一切かからないという、高いパケット定額に慣れきった我々には破天荒とも思える革命的な安さです。

 国内で普及している電子書籍端末とは、やはりSONYのReaderでしょうか。こちらは新型が3Gに対応し、非常に低廉なプランで利用可能です。流行っている気配はあまりないですが。

 出版業界すら根本から覆してしまいそうな黒船AmazonのKindle発売。今後の動向から目が離せません。

続報:アマゾンCEO「年内にKindleを日本市場へ投入する

黒船来航!アマゾン、Kindleについてなんと国内40社と契約合意済み!


電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)


SanDisk UHS-I対応 microSDXCカード 64GB SDSDQY-064G-U46A


ソニー 電子書籍 Reader PRS-T1(ブラック)※WiFiモデル PRS-T1-B

Amazonが「Kindle Fire2」、そして全く新しい「Kindleスマートフォン」でAppleに宣戦布告か

この記事にコメントする

comments powered by Disqus