パケット定額制廃止!スマートフォン普及の香港、従量制移行が相次ぐ

 世界でのパケット定額廃止の並が、アジアにも押し寄せてきています。香港の事業者が一斉にパケット定額制を取りやめます。

他社に先駆けて13日から新規受付停止を決めていた数碼通(スマートーン)に続き、PCCWモバイルが同日、新規受付の即日停止を発表。CSLも同日、年内廃止の方針を公表した。香港では定額制から、使用量に応じて課金する「従量制」への移行が一気に進む見通しだ。

 各社の定額制廃止に向けた動きは、スマホの爆発的な普及によるデータ通信量の急増とともに、香港の監督当局である香港電訊管理局(OFTA)が同日施行した新たな規制の効果が大きい。

 OFTAの新規制では定額制で「無制限」をうたい文句にした事業者は、一切の通信制限を禁じられる。これまで事業者は一部のヘビーユーザーの接続速度を遅らせるといった措置をとることがあった。このような通信制限ができなくなることが、事業者の背中を押した形だ。

via 日経

 スマートフォンの普及でパケット定額を廃止したのは、米国のAT&TやVerizonなどがあり、香港の事業者も、当局の規制を理由として追従した模様です。

 今回の香港のパケット定額廃止を受け、新規申込の定額制は終了。既存顧客も契約期間終了後は従量制に切り替わります。

 通信障害の相次ぐ日本も対岸の火事では済まされなくなるかもしれません。


Transcend microSDHCカード 32GB Class4 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS32GUSDHC4E


SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX500SL ブラック MDR-EX500SL/B