プラチナバンド(900MHz)ソフトバンクが獲得へ(更新)

 日本経済新聞が2012年2月29日報じたところによると、かねてより議論が行われいたいわゆるプラチナバンド(900MHz)帯電波の割り当てがソフトバンクモバイルに決まったそうです。

 以下引用。

 総務省が予定する携帯電話向けの新たな電波の割当先がソフトバンクモバイルになることが確実となった。29日に開く総務省の電波監理審議会を経て決める。携帯各社の事業計画を審査、協議し電波の逼迫度などからソフトバンクに優先的に配分すべきだと判断したもようだ。

ソース:新周波数、ソフトバンクが獲得へ 総務省29日決定  :日本経済新聞
(記事の続きは無料の会員登録を行えば閲覧できます)

引用ここまで

 NTTドコモをはじめとしたKDDI、イーモバイルを率いるイー・アクセスなども900MHz帯の獲得に名乗りを上げており、どの事業者に新たな帯域が割り当てられるかが、注目となっていました。

 900MHz帯の電波はソフトバンクが有する1.5GHz帯および2.0GHz帯よりも、山間部や建物の奥まった場所にも届きやすく、繋がらないことが定評となっているソフトバンクの通信状態が改善されるかもしれません

 なお、今回を獲得したソフトバンクは、競合他社とは違い900MHz帯を所有していないこともあり、割り当ては妥当であるという意見から、割り当てが決まっていないのに設備投資を行うなど、強行な姿勢が批判の的となっていました。

 なお、今回はあくまでも周波数割り当ての第一弾ということで、700MHz帯の割り当てが第二弾として残っていますが、割り当て先などの情報は未だ不明です。

 繋がらないケータイに意味はないので、今後の新周波数割り当てのニュースからは目が離せません。

Moleskine Pocket Squared Notebook Classic

Moleskine Pocket Squared Notebook Classic


【すまほんバッテリー】大容量だけどカバンにポン! PSE認証 9600mAh バッテリーチャージャー docomo au SB携帯電話、スマートフォンやゲーム機の予備バッテリーに!