Xperiaの対抗馬?ICS搭載「最新最速」104SHが話題に。

 国産で初めてAndroid4.0を採用したSHARPのAQUOS PHONE 104SHがSoftBankから発売されます。

 予約開始日が2月10日で2月下旬発売など、同じく2月10日予約開始、2月24日発売のXperiaNX SO-02D明らかに対抗してきています。

 最新OSを優先したため、日本市場向け機能には非対応。ただし防水防塵には対応。4.5型HD液晶、デュアルコア OMAP4460 1.5GHzを採用。バッテリー容量は1520mAhとなっています。最速が取り柄のはずのHTCはSensation以外のICS提供スケジュールを大幅に遅らせているような状況ですが、本当にSHARPは頑張っています。この調子で102SHにもICS提供をお願いします。104SHは、海外でも胸を張って売るべきだと思います。

 ドコモのXperia X10 SO-01Bの時も、対抗馬としてHTC Desireを用意してきたSoftBank。二年経ち、今やそのポジションを担うのはSHARPというのは、隔世の感がありますね。

via ascii.jp


OverLay Magic for AQUOS PHONE SH-01D/102SH 傷修復・耐指紋タイプ液晶保護シート OMSH01D