SBに続き、auもプリペイドの料金を改悪!MNPには最低12450円が必要に!

そんなとこまで追随するなよ!auが新規事務手数料を値上げ

SBプリモバイル「MNPのために即解するやつ多すぎw」→解除料9975円に!

 

 今度はSBのプリペイドケータイの料金改悪に、auが追随です。KDDIは、SBのプリモバイルに相当する「ぷりペイド」で、新規契約時の料金や条件を大きく変更します。

 これまで無料だった新規契約時の契約事務手数料が、3月24日より4200円かかることになる。なお現在でもau ICカード非対応機を持ち込んで新規契約すると同額の手数料がかかる。また改定後は、新規契約時に3000円以上の「ぷりペイドカード」の購入が必須となる。

via ケータイWatch

 従来であれば事務手数料など不要でしたし、チャージ単位は1000円でも問題ありませんでした。しかしながら、これで事実上、プリペイドケータイを始めるには、今までの1000円から、7200円へと大幅に値上げされたことになります。非常に使いづらく改悪されたといえるでしょう。

 MNPについては2100円の事務手数料が必要ですから、auに最低でも9300円が必要。転出先の新規事務手数料3150円を加えると、トータル12450円とかなり高額です。これでプリペイドをMNPに利用するメリットは、かなり薄れてしまいました。

 以前から、端末代金や量販店独自ポイントの還元などを受けられるMNPは、既存顧客の冷遇に映っていました。その是正を、既存顧客への待遇を見直すのではなく、MNPの裏技的な手段を封じ、更にプリペイドの料金の改悪を行なって対応したわけです。相変わらず冷遇されたままの既存顧客、端末目当てにMNPを行なっていたユーザー、そしてプリペイドケータイの愛用者たちには、この対応は一体どのように捉えられるのでしょうか。