ARROWS Z「通信すると再起動するバグ直します」→イヤホン挿したら再起動する致命的なバグが追加!

 発熱GPSロストで有名な富士通モバイルコミュニケーションズのARROWS Zに続報です。

ケータイアップデートにて以下の事象が改善されます。
データ通信中に再起動する場合があります。
ブラウザが強制終了する場合があります。

ケータイアップデートのお知らせ | ケータイアップデート | au

 以上の再起動バグを修正するためのアップデート、となるはずでした。

 あんどろいど速報によると、このアップデート後から、端末が勝手に再起動してしまうという報告が多発。再起動するならまだよくて、そのまま起動しないとの報告も上がっています。みんな揃って言うのは「イヤホンを挿していた」ということ。

 どうやら、イヤホンを挿すだけで再起動してしまうという驚きのバグが追加されてしまったことになります。スマートフォンで音楽やYoutubeを楽しむユーザーは多いと思われるだけに、相当に致命的なバグです。

 一体どういう品質管理をしたら、イヤホンを挿したら起動しなくなるアップデータや、通話や通信のできない電話機を見過ごしてしまうのかが本当に謎です。

 ARROWS Zと言えば、「アップデートできないバグをアップデートで直します」という不可思議なアップデートが行われたばかりですが、今回は「再起動するバグを直したら、起動しなくなりました」という笑えない事態となっています。

 現在ではKDDI公式サイトでアップデートの中止がアナウンスされています。

 発熱、GPSロスト、イヤホン文鎮化など、東芝撤退で社名が富士通モバイルコミュニケーションズになってもその伝説は健在のようです。