汚名返上なるか!ドコモ新メーラーCommuniCaseをリリースへ

 SPモードメールの悪印象は払拭できるのでしょうか。

 NTTドコモが、キャリアメール(@docomo.ne.jp)及び、主要なメールサービスを一元管理できる、メーラーをリリースすることがわかりました。

以下、引用

  • ドコモアカウントを含めたマルチアカウントに対応、スムーズに切り替え
  • POP、IMAP、SMTPのプロトコルに対応し多くのメールアカウントを設定可能
  • 3G、GSM、Wi-Fi、LTEの各携帯電話網に対応
  • テキストメール、HTMLメール、添付ファイル、インライン添付ファイルに対応
  • メールの背景色や文字色の変更、デコメ®ピクチャなどの写真や画像の挿入、デコメ絵文字®など、デコメール®に対応
  • 各アカウントのメール情報を時系列で同時に閲覧可能
  • フィルタ機能とスレッド機能に対応
  • 海外でもメールの送受信可能
  • 端末の言語設定に従い英語表示に対応
  • メッセージRに対応

CommuniCaseより。引用ここまで。

 必要となる機能はすべて網羅されており、若年層に人気のあるデコメにも、もちろん対応しています。

 注目すべきは、POP・IMAP、SMTPサーバの登録が可能な点で、設定によってはISPから支給されるメールアドレスやGmailのメールアドレスを、ひとつのアプリで一元管理をすることができる点です。

 これにより、利用するメールアドレスによって、利用するメーラーを切り替える手間が省けるのは歓迎できる点でしょう。
(例:SPモードメールで受信したメールを引用してGmailから送信する時など)
 
 ただ、アプリの出来が悪ければ、元も子もない状態になってしまいますので、評判の悪いドコモが提供するメーラーだけに、その出来の是非が問われます。

 なお、現時点では評判の悪いメーラーを作成したアプリックス製であるか否かの情報はキャッチしておりませんが、さすがのドコモもそのあたりを考えてくれるのではないかと、筆者は密かに期待しています。

via:NTTドコモ、spモードメールやGmailを含むマルチアカウント対応のAndroid向けメーラーアプリ「 CommuniCase(コミュニケース)」を4月23日(月)にリリース | juggly.cn

ソース:CommuniCase