ドコモ、ついに社長降板!さよなら、山田社長!ありがとう、山田社長!

 ドコモの山田社長が、社長じゃなくなります。

 NTTは16日、持ち株会社の社長に鵜浦博夫副社長(63)が昇格する人事を固めた。NTTドコモ社長には同社の加藤薫取締役常務執行役員(60)が就く。NTT東日本、NTT西日本、NTTデータも社長が交代。体制を刷新し、経営課題である事業のグローバル化を進める。いずれも6月末の株主総会後に正式に決める。

 NTTグループ全体の動きとして体制の刷新が行われ、ドコモには山田社長に代わり、加藤氏が新たに就くようです。

 山田隆持社長といえば、LTEを「えるて〜い〜」と連発する可愛さや、「ウィンドウズフォンは半週遅れ」「ドコモは携帯電話会社を卒業する」と豪語する若干の斜め上さなど、基本的には憎めないお茶目さんという、愛すべきキャラクターでした。卒業したのはドコモではなく、山田社長自身でしたが。

 特に、製品発表会の壇上で、新機種の操作方法を忘れちゃう瞬間なんて胸キュンものでした。山田社長の社長退任は、本当に残念と言わざるを得ません。

 ではこれから山田社長はただの山田になっちゃうかというと、決してそうではなく、

 三浦惺社長(68)は持ち株会社の会長に、ドコモの山田隆持社長(63)は同社の相談役に就く方向で調整している。

 今後は相談役として残るそうです。やったね!これからも頑張って下さい、山田相談役!

Source:日経, 満面の笑みを浮かべる山田社長:RBB Today


サンワダイレクト 車載ホルダー iPhone 各種 スマートフォン Xperia IS03 galaxys REGZAphone HTC EVO IS04 対応 200-CAR008