Googleは個人情報を収集する天使か悪魔か

 はじめに

  この記事は、一部プライバシーや個人情報の問題など、デリケートな話題を含んでいます。もし、間違いやご意見がある場合はtakahashi@smhn.infoまでご連絡ください。

 Google Driveを利用してネットワーク上(以下、クラウドと記します)にアップロードされた情報が、Googleによってどのように利用されるかという問題が議論を呼んでいます。  一部では、利用者の不安を煽ったり、根も葉もない嘘が書かれていたりするため、ここでひとつの答えを私なりに出しておきます。

 

 Googleが公開しているポリシー(方針)に答えがある。

  Googleはユーザがクラウド上にアップロードしたファイルをどのように扱うのか、具体的な指針を利用規約にて、示しています。
(なお、Googleは規約を全てのサービスで統一しています)

 利用規約は非常に長く、読むのが面倒くさいため、何も考えずに同意している方が大多数だと思いますが、これを機に読まれることをおすすめします。

 全文を引用すると、非常に長くなってしまうため、今回は物議をよんでいる部分のみを引用します。

 以下の引用文はGoogle 利用規約 – ポリシーと原則 – Googleより引用しています。

 本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。このライセンスは、ユーザーが本サービス(たとえば、ユーザーが Google マップに追加したビジネス リスティング)の利用を停止した場合でも、有効に存続するものとします。

 おそらく、大多数の人が勘違いをしたのはこの一文でしょう。

 本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。

Google 利用規約 – ポリシーと原則 – Googleより

 しかし、ちゃんと続きがあります。

このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。このライセンスは、ユーザーが本サービス(たとえば、ユーザーが Google マップに追加したビジネス リスティング)の利用を停止した場合でも、有効に存続するものとします。

Google 利用規約 – ポリシーと原則 – Googleより

 つまり、こういうことです。

  1. Googleはあなたのアップロードしたファイルを見ます。
  2. Googleはアップロードされたファイルについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布に利用します。
  3. Googleがアップロードされたファイルを利用するのはサービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発の時だけです。
(これらは私の解釈です)

 この文章をもう少しかみ砕きます。私は以下のように解釈しました。

 GoogleはあなたがGoogleが提供するサービス(Google Driveを含む)を利用してアップロードしたファイルを閲覧し、新たなサービスの開発などに利用します。ただし、あなた(文字通りあなた)がGoogleにアップロードしたファイルの使用を許可しているのはサービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発の時だけです。

 (平成24年4月28日(土) 午後1時57分 一部わかりづらい表現を修正)

 著作権について

  また、一部ではクラウド上にアップロードすると著作権を放棄した扱いになるという誤解もありますが、その点も明記されています。

本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツを提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。


あなたはどう捉えるか

  後は、あなたがこれらをどう捉えるかによって、答えは変わります。

 Googleに情報を提供することにより、さらに使いやすいサービスを得ることを選ぶか、Googleに一切の情報を提供しないことを選ぶか。

 あなたには、その権利があります。

 ソース:ポリシーと原則 – Google