グリー&DeNA 未成年ユーザに決済の上限を設ける

 以前から物議を醸していた、モバイル業界の一つの問題が一種の解決に近づいたのかもしれません。
 
 ケータイ Watchにその詳細が書かれています。

  グリーは、ソーシャルサービス「GREE」において、未成年ユーザーの保護やソーシャルゲームなどの適正な利用を促進することを目的として、全ての決済方法で未成年ユーザーが利用できる金額に上限を設ける。4月26日より適用される。またディー・エヌ・エーも同様の施策を6月をめどに導入する。

 グリーでは、4月1日より、携帯電話の通信料と合算する決済サービスにおいて、15歳以下は月間5000円、16歳~19歳までは月間1万円に制限していたが、4月26日からは他の決済方法でも同様の上限を設けることになった。対象の決済方法はクレジットカード、BitCash、Edy、Google Wallet、In App Purchase(iOSアプリ向け)、PayPal、WebMoney。GREEプリペイドカードは、システム側の準備が整い次第、対応する。

 またDeNAでは、ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage(モバゲー)」で、モバコインなどゲーム内専用通貨の購入時に、15歳以下は月間5000円、18歳未満は月間1万円の利用上限額を設定する。キャリア決済を含む全ての決済方法が対象で、6月を目処に導入する方針。

グリーとDeNA、全決済で未成年ユーザーの利用額制限へ – ケータイ Watch(関口 聖)

 グリー・DeNAの爆発的普及とともに、いわゆる課金でのトラブルが後を絶たず、アバターやアイテムを購入するために未成年が高額なアイテムを購入し、支払いでのトラブルが後を絶ちませんでした。

 未成年者がお金に対して正常な判断ができないためにこういった対策がとられたのか、それともケータイを与える親が、教育を行わなかったがために起きる問題なのか……。そういった点は議論の余地がありそうですが、ある種の水際対策として、こういった措置が行われたことは大いに歓迎すべき事柄でしょう。

 ゲームのシステムとして、課金をした方が有利になるシステムの是非についても賛否が分かれそうですが、筆者は、子供が何をしているか把握していないのに、ケータイを平気で子供に持たせてしまう、親も親だなあと思ってしまいます。
 
 なんらかの裏があるのかもしれませんが、やはり社会の自浄作用により、こういった点は今後も改善されていくといいかなとも思います。