【PSVita】ペイントパーク、めざまし同盟、勇者のきろくが配信開始!

ペイントパーク、めざまし同盟、そして配信延期となっていた勇者のきろくがついに配信開始です。

ペイントパーク

ペイントパークはお絵かきをするアプリです。一人で自由に描くこともできますし、アドホックモードを利用してたくさんの人と楽しむことも可能です。まるでDSのピクトチャットみたいですね!

試しにいろいろ書いてみました。タッチペンじゃないので文字を書くのは少し難しいです。Galaxy Noteのようなタッチペンがあればひと味違った楽しみ方があったかも…

めざまし同盟

めざまし同盟は至ってシンプルです。起動するとでかい時計がど真ん中にドーンとあるだけ。機能は目覚まし時計、タイマー、とたったこれだけのシンプル仕様です。

タイマーではカップラーメンのアイコンとともに3分設定できます。さりげないところに遊び心が配慮されてます。タイマーは10分、1分などをタップした回数分タイマーとして設定できます。

またテーマが5種類あるので水色飽きた!って方などはぜひ変えてみましょう。Vita(アナログ)、(デジタル)はただ時計がアナログがデジタルかの違いです。水色背景は代わりません。

私のおすすめはGravity Dazeのテーマです。Vitaの黒ととてもマッチして良いです。しかしマッチするからとはいえ長時間表示させて焼きつかないように気をつけてください。

勇者のきろく

12/17の発売日と同時リリース予定だった勇者のきろく。4ヶ月の延期でやっとリリースされました。この勇者のきろくはスケジュール管理ソフトです。そのスケジュール管理にゲームを混ぜ込んだ新感覚の物となってます。

タイトルと内容を入力して日付を指定するだけ。普通のスケジュール管理ソフトです。予定がない人は何も無いのでインストールして終わりという可能性が…

まとめ

ペイントパークは複雑な絵が書きにくいのでおもちゃ感覚で使ったほうがいいです。過度な期待はしないほうがいいと断言しておきます。

めざまし同盟はフレンドが使わないといたって普通の目覚ましアプリです。とはいえシンプルなデザインやGravity Dazeのテーマがあるのでたまに使いたくなるアプリです。

勇者のきろくは予定が無い方には不必要なアプリ。裏を返せばリア充必須ツールです。リア充の方はVitaの勇者のきろくを使って外出先でドヤ顔しましょう。きっと魅力が増すことと思います。

GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動