仁義なき特許の闘い Galaxy NEXUS 米国で販売差し止めの仮処分

 

 やや旧聞に属する話題となりますが、Googleが示すリファレンス端末である、「Galaxy NEXUS」が米国で販売が差し止めとなりました。

 既に、SAMSUNGが製造する「Galaxy Tab 10.1」もAppleの主張が認められ販売差し止めの仮処分が命じられており、SAMSUNGとAppleの特許論争に一定の決着が見えた形となります。

 今回の判決で、とばっちりを食らったのはGoogleで、同社が示すAndroid 4.0のリファレンス端末(開発用の基準となる端末)が米国で販売が不可能になることを示しています。

 その点において、Android 4.1ではハードウェアの製造はASUSが担当しており、GoogleもSAMSUNGの行儀の悪さを把握していたのかもしれません。

 また、SAMSUNGがここまでAppleに対して食い下がったのは「宣伝的な意味合いをもっている」とも揶揄されており、Appleとしては徹底的にたたきのめしたい心情なのかもしれませんね。

ソース:米連邦地裁、「Galaxy Nexus」にも販売差し止めの仮処分–アップルとの訴訟で – CNET Japan

ソース:「GALAXY NEXUS」も米国で販売差し止め 再びAppleが勝利 – ITmedia ニュース