VAIO夏モデル総評:よく進化したS13P、バランスいいラインナップに。

 現在、ノートPCとしてMacbook Airを使っています。

 しかし、あまりよくない構成で2011年のMacbook Airを選択したこともあって、正直後悔している部分がありました。そのため、後釜となるノートPCを欲しいと考えていました。

 そこで何かネタになるノートPCはないかと考えたところ、Retina版Macbook Proか、夏モデルのVAIO Zを発売日に手に入れようと考えましたが、前者は在庫なし、後者は発売日と次の日に予定が入っていたので、どちらのプランもキャンセルしました。

 こうなったら、もう開き直ってネタ的な要素の少ない、デザインも良くて実用的なノートPCをじっくり選定して、一台新調しよう、そう考えました。

 

VAIOの夏モデルから選ぶことに

 やはりスマートフォンをいくつか持ち歩いている以上、それらのガジェットとは競合しない、つまりスペックや構成に妥協しないことを方針にしました。この時点で、2kgを超えるMacbook Proは選択肢から外れました。

 久しぶりにWindowsに戻したかったというのもあり、さらにモビリティやデザインの良さを考えると、VAIOがいいのではないかと考えました。かっこいいですしね、VAIO。そこでまず目を向けたのがVAIO Tです。

 

VAIO T

 SONYが満を持して発売したウルトラブックということで、やはり興味の尽きない存在ではありました。

 しかしながら、有力候補だったVAIO T11は予想以上にベゼルが広く、まるでネットブックか?というような印象を受けました。ディスプレイ部分は普段見ることになる部分ですから、これはちょっと無いなと思いました。

 また、重量1.6kgのT13シリーズを買うなら下手にスペックを上げると、せっかくのコストパフォーマンスが失われてしまうのですよね。SSD+HDDのおかげで、安価ながらも復帰の速度が保たれていて、質感とコストパフォーマンスを兼ね備えたサブノートという観点では非常にいい機種ではありますが、今回自分の求めているものではないと判断しました。

 VAIO Tを選択候補に入れていると、必ず視界に入ってくるのがVAIO Zというフラッグシップです。

 

VAIO Z

 薄くて持ち運びやすいのが売りであるはずなのがVAIO Tを含むウルトラブックですが、それらよりも軽い1.1kgという重量を実現し、通常電圧版アイビーブリッジとPMD(=外付けのGPU+光学ドライブを備えたドック)で非常にパフォーマンスの高いモデルとなっています。さすがVAIO Xチームの作ったVAIOのフラッグシップというだけはあり、スタイリッシュでかっこいいです。

 個人的にはもう購入というところまで考えていましたが、やはりキーストロークの浅さや独特のタッチパッドは最後まで気にかかりました。どうしても馴染める気がしなかったのです。

 さらにGPUの使い所としては豊富な資産を抱えるWindowsですから、主な用途はゲームということになるかと思いますが、外付けのPMDに接続して固定してプレイするのであれば、それはデスクトップPCでやれば問題ないのではないか、と考えました。GPU内蔵モデルというとVAIO Z11やtype Zですが、これらは既に過去のものです。

 ではGPU内蔵の本当に妥協のないVAIOモバイルノートの系譜は絶たれてしまったのか?私はそうであると思っていましたが、実は違いました。

 

VAIO S13P

 VAIO Sといえば2kgを超えるホームノートというイメージでしたが、実際は更に軽量化が進んで1.5kgとなっており、従来のSシリーズと比べても相当軽くなっています。VAIO Z11やtype TZを作っていたベテランのチームがVAIO Sの開発を行なっており、現行Zよりもキーボードがしっかりしています。特に旧Zから継承されているスイッチひとつで切り替えられる内蔵GPUは、今回RadeonからNVIDIA GeForce GT 640M LEを選択できるようになっており、現行ZのPMD接続時に負けないパフォーマンスを発揮できます。

 Sの重さを切り詰め、VAIOプレミアムディスプレイで画面の発色の悪さを改善してきているS13Pは、塗装なども高級感のある、非常に魅力的なモデルに仕上がっています。

 というわけで、キーボード、モビリティ、性能のバランスを考えて、VAIO S13Pをオーナーメイドで選択することにしました。

 

まとめ:選択肢が増えました

 廉価なTを基準に考え、もし軽くするならZ、もし全部入りならS(13P)というように、モバイルノートのラインナップとしては悪くないと感じました。

 特にTは安めの構成でサブノートにするにはちょうどいいですし、type ZのDNAを受け継ぐS 13Pの存在は非常に頼もしいと感じました。

 夏はXPERIA SX、XPERIA PとVAIO S13Pの組み合わせでいきたいですね。