【乞食速報】WinMoマーケット閉鎖に伴い、テザリング有料アプリが無料配布に!

 急げ、ウインモユーザー!

 かつてスマートフォンのメインストリームがWindows Mobileであったなんて、知る人ぞ知る昔話。Marketplace閉鎖で終了宣告を受けた昨今ですが、これに合わせてなんと無料で使えるようになった有料のWinMoアプリがあるようです。

 ICSというと最近ではアイスクリームサンドウィッチを指しますが、そこはウインモユーザーとしてはInternet Connection Sharingと読みたいところです。今ではポピュラーとなったテザリング機能のことですね。Windows Phoneの世界では今でもテザリングの項目がインターネット共有頑なに表記されているのは、つい褒めたくなっちゃうチャームポイントです。

 そんなテザリング機能を追加するための有料アプリが、WMWifiRouterでした。

 テザリングといえば今ではポピュラーな機能ですが、当時販売されていたWinMoは、SoftBankは一応の機能削除は行っていて(、でもICSInstall.cabをインストールするだけで簡単に使えちゃったりして)、NTTドコモに至っては「3G通信中は、ブルートゥース通信もワイファイ通信もまとめて殺す」という狂気の沙汰ではない措置でテザリングを徹底的に弾圧していて、現在のテザリングをおおむね堂々と認める方針転換に、内心では「何か裏があるんじゃねえか?」と疑わずにはいられないのが正直なところではあります。怖いです。

 そうした時代背景もあって、テザリングを行うためにわざわざWMWifiRouterなどのシェアウェアを買ったりしてユーザーは腐心していたわけですが、今となっては無用の長物。Android2.2から公式機能となったテザリングは、Windows Phoneや海外のiPhoneでも正式サポートされる、素敵な未来がやってきています。ただしauの非WiMAX機、SoftBankのスマートフォンは除きますが。

 当時の思い出を懐かしみたい、あるいはプリモバイルのおまけとして死蔵しているTouch Diamond東芝ワーストバイウインモを有効活用したいという皆さんは、ぜひWMWifiRouterをインストールしてみてください。リンク先のシリアルコードを入力したら全機能がフルに使えます。ウインモよ、永遠なれ!

Source:WMWifiRouter via useWillcom