国内メーカーの世界シェア、1.9%に  5年間で12.3%減

 ドン底です。挽回の余地はあるのでしょうか。

 総務省が発表した「ICT国際競争力指標」によると、国内メーカーの携帯電話端末市場における世界シェアは1.9%となり、前年の6%から大幅に減少となりました。

 そもそも世界市場の規模が拡大化していることも背景にありますが、取り残されていることは間違いないようです。

 総務省が指標を発表し始めた2007年時は、シェアは14.2%%ですから、そこから12.3%を失っている計算となっており、全く楽観はできない状況です。

Source:読売