「サムスンの転送ソフトは特許侵害」 Appleの請求、東京地裁で棄却!

 訴訟の舞台はついに日本に。

 Appleが特許侵害で、日本サムスンとサムスン電子ジャパンを相手取って損害賠償1億円を請求した訴訟において、東京地裁はAppleの訴えを棄却しました。

 Appleは、サムスン製の商品の輸入と販売を差し止める内容の仮処分も東京地裁に申し立てていました。日本国内における初の司法判断であり、ソフトウェアの特許侵害に関するもので、非常に注目に値するものでした。

 東海林裁判長は、サムスン側の転送ソフトについて、「アップルの発明の技術的範囲に属するとは認められない」として、今回の棄却に至ったようです。

 iTunesに類似する転送ソフトはサムスンのKiesだけでなく、多岐に渡るであろうことから、今後この判決は重要な意味を持つかもしれません。

Source:時事ドットコム