スティーブ・ジョブズ、「小型iPad」の開発にゴーサイン  サムスンとの裁判で明らかに

 あんなに7インチタブレットを嫌っていたんですけどね。

 BUSINESS INSIDERによると、サムスンとの裁判において朗読されたAppleの社内メールで、ジョブズは「小型iPad」というアイデアに積極的であったことがわかりました。

 Apple経営陣のEddy Cue氏が、「7インチの市場が存在すると信じているから、製品化すべきだ」と同社の経営陣とのメールでやりとりする中、ジョブズはそれについて同意していたようです。

 生前、ジョブズは表向きは「7インチタブレットを使うぐらいなら指を削るべきだ」と発言していました。何かを否定しておいて、それを後から手のひら返して実行するのもいつものジョブズ節。Appleの経営陣やジョブズの意思が法廷で語られた以上、小型iPadの登場は確定的と言えそうです。

Source:BUSINESS INSIDER