クアッドコアCPU+2GB RAM+αなスマートフォン 製造原価は3万円

 中国、北京で驚くべき性能を持ち、驚くべき価格で販売されるスマートフォンが発表されました。今回、発表された端末はXiaomi Phone2。製造メーカーは端末の名前に使われている通りXiaomiです。

 その驚くべき性能は以下の通りです。

  • Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064
  • 物理メモリ:2GB
  • 内蔵メモリ:16GB
  • ディスプレイ:4.3インチ IPS液晶(1280*720
  • OS:Android 4.1ベース(MIUI ROM)
  • カメラレンズ:27mm広角レンズ F値2.0
  • イメージセンサ:8メガピクセル裏面照射型CMOS 
  • 外部メモリ:対応
  • バッテリー:2000mAh(3000mAhのオプションバッテリーもあり)

 堂々とハイスペックのポストに君臨できるものとなっています。

 驚くべきは、そのコストパフォーマンスで、クアッドコアCPU、2GBのRAMを搭載していながら製造原価は2450人民元(現行レートで約3万円)と、思わず「あれ?数字を間違えた?」と思ってしまうレベルです。なお、中国の通信メーカーとの契約で1999人民元(約2万5千円)まで価格が下がりますが、日本に住んでいる私たちには無縁な話です。

 果たして、日本で輸入すると、どれくらいの価格帯になるのでしょうか。そんなうきうき気分で待つこの端末の発売は10月頃を予定しているそうです。

平成24年8月17日(金) 午前1時09分
初出時のタイトルに一部誤りがありました。謹んで訂正いたします。

情報元:Xiaomi Phone 2 now official: 4.3-inch 720p IPS, quad core and Jelly Bean for just $310 — Engadget