Amazon、10インチタブレットを発表せず、7インチを2種投入 広告あり・なしモデルを選択可能に

 Amazonが新しいKindle Fireを二つ準備中です。それは7インチのディスプレイを持っており、予想されていた10インチのKindleに関しては来週の製品発表会で発表されることはないようです。

 投入が予想されている2種のタブレットに関して、それぞれが別の名前を冠するのかどうかは不明ですが、ウォールストリートジャーナルの報じたところによると、広告のあるモデルとそうでないモデルが選択できるとのこと。広告があるモデルは、そうでないモデルより安い価格で購入できるとのことです。

 ちなみに広告の有無で価格が違う電子書籍端末と言えば、同社のE-ink採用のKindleという先例があります。

 Amazonは書籍や通販などの複合的なサービスを提供していることから、Kindle Fireはその本体価格を抑えることに成功してきましたが、Nexus 7をはじめとする200ドルにも満たないようなタブレットすら出てきた状態で、その優位性が揺らいでいるのが現状です。第二四半期だけのシェアでみれば、世界市場におけるAmazonのシェア4.2%に対し、サムスンは9.2%を占めています。より安価なKindle Fireを供給することによって、この状況を打開する必要があります。

 さらにアプリケーションに関してはGooglePlayのアプリを動かせましたが、これから欧州でKindle Fire向けのアプリストアをAmazonが新たに立ち上げるという話もあり、Kindle Fireを巡る情勢は、ますますエキサイティングになっていくでしょう。

Source:CNET