ソフトバンク版iPhone5の4G LTEが、ドコモのXiスマホで使えてしまった!? 驚きの報告が話題に

  docomoのXiスマートフォンで、SoftBankの4G LTEが使えてしまったという人があらわれました。

 情報元の^Hによると、用いたSIMと機種は、SB版iPhone5のnanoSIMと、GALAXY S3 SC-06D。大雑把には以下のような手順となります。

 まず物理的な問題。nanoSIMをGALAXY S3などのXiスマートフォンで認識するには、nanoSIMアダプターを使って物理的なサイズを変更します。

 次はソフトウェア的な問題。Xiスマートフォンであれば、ドコモショップで3150円の手数料で公式SIMロック解除を行う必要があります。

 キャリア端末を普通に使うならともかく、今回は最初に必ずAPN設定が必要です。Apple公式サイトのSoftbank_jp_iPhone.ipccの中にあるoverrides_N41_N42.plistの中に、IDやPASSWORDが書かれています。

 これでAPNさえ設定すれば、SoftBankの4G LTEに繋がる、というわけです。

 なぜこんなことができてしまうのか?それは、docomoとSBの両社が、同じ2.1GHzの周波数帯で、FDD-LTE方式でLTEの整備を行っているためです。詳しくは、ソースの^Hをご覧下さい。

 iPhone5をドコモのXi SIMで使うには、現状はLTEは掴めない状況ですが、こちらも脱獄か何かでどうにかなってしまいそうな気配がありますね。

情報元:^H 経由:ガジェットショット
画像引用元:picasa 1 2