iOS6にアップデートしたiPhoneの「バッテリー異常消費」問題 原因はSafariか

 

 iOS6にアップデートしたiPhone4, iPhone4Sのバッテリーが急激に減少する問題について、原因がわかってきました。

 「気になる、記になる…」への読者投稿によると、バックグランドプロセス「Webbookmarksd」が原因のもよう。プロセスを可視化するアプリで確認すると、このプロセスが暴走している場合、CPU負荷が80%以上となっているようです。

 これはブラウザのブックマークを同期するためのプロセスのようです。コメントによれば、「Homeボタン2度押しで、Safariを削除(停止)してから、スリープ+Homeボタンの長押しで再起動」すればプロセス暴走が止まったとのこと。

 Safari終了だけでなく再起動も必須なら厄介な問題ですね。アップデートによる早急な修正が望まれます。

情報元:気になる、記になる…