iPhone5のLTE「切断可能」 3G運用でバッテリーを節約可能であることが明らかに

 ACCN氏のLOCKERSに投稿した写真によると、iPhone5はLTEのオン/オフをトグルで簡単に変更できるようです。

 一般設定の中のモバイルデータ通信から、ユーザーが能動的にLTEを切り替えできています。

 ドコモのXiスマートフォンは、LTEと3Gの切り替えを自動で行っていますが、この作業が常に行われているためにバッテリーはあまりもたないという結果に陥りがちです。XPERIAを始めとする一部の海外製スマートフォンはこれを切り替えるコマンドモードが使えますが、富士通やパナソニック製などいくつかのスマートフォンはそれが無効化されています。

 iPhone5は電池容量があまり増えていないのに、大画面化やLTE対応などをしているのが不安ではありましたが、そんな不安も解消されるかもしれません。LTEのオンオフが切り替えられれば、「高速通信を優先する」または「通信速度を落としてバッテリーを優先する」のどちらかをユーザーが選ぶことができる、ということです。

情報元:LOCKERS ACCN Oppenheimer