「OSバージョンアップ、できなかったら$100割引」  モトローラが驚きの宣言

 これはどのメーカーにもやっていただきたいぐらいですね。

 モトローラ・モビリティのCEOデニス・ウッドサイド氏は、新製品の発表会において、既存機種を含めたモトローラ製の端末をAndroid 4.1にバージョンアップしていくことを宣言しました。

 また、Android 4.1が適用できない旧機種について、新機種の購入代金から$100(8000円弱)相当の割引券を付与する方針のようです。もちろん対象はモトローラ社の新製品には限るようですが。

 具体的にどの通信事業者で利用可能であるかなどは、まだ明らかにされていません。

 OSのバージョンアップにはセキュリティ部分も含まれるのですから、日本の通信事業者もこうした姿勢は見習っていただきたいところ。因みにモトローラのRAZR Mは日本市場に投入予定です。

ソース:engadget