日本通信社長、iPhone5向けに「nanoSIM」提供を示唆

 日本通信の三田聖二社長(@FSSanda)が、久しぶりにTwitterで以下のツイートを残しています。

 

 このように、三田社長はnanoSIMの需要に気付いているようです。

 日本通信のb-mobileは、NTT docomoのネットワークで展開するMVNO。SIMを契約すれば、ドコモの端末やSIMフリー機にて、通信や通話が利用可能。

 今回、新しく登場したnanoSIMサイズにカットするパンチを利用してSIMカードを小さくすれば、どんなSIMカードも物理的にはiPhone5に挿入可能と思われます。

 しかしiPhone5は、サイズをカットしたSIMカードを認識しないことをAppleが仄めかしており、こうしたSIMパンチに過度な期待は禁物です。nanoSIMにアダプターを噛ませて他のサイズにする方がまた期待できるでしょう。

 そうなると最初からnanoSIMサイズであるSIMカードを手に入れる必要がありますが、まだドコモにはnanoSIMを採用した端末はありません。そうなると、iPhone向けにmicroSIMを提供してきた実績をもつ日本通信が、iPhone5のためにnanoSIMを提供することは、非常に重要な意味を持ち得ます。

 もちろんb-mobileのSIMカードはドコモのそれと全く同じですので、日本通信の一存だけで簡単に事が進むわけではないのも事実です。

情報元:@FSSanda

SIMパンチ(micro/nano 対応版 SIMカッター)
SIMパンチ(micro/nano 対応版 SIMカッター)