サムスン電子・HTCがAppleに訴訟の準備 LTE関連特許やその他特許で

Apple VS Samsung 2 (4G LTE)

 「敵が射程に入ったなら、君も敵の射程に入っている」とはよく言ったもので、今回、韓国のサムスン電子と台湾のHTCから猛攻撃をされるのは、今まで、それら二社に猛攻撃をしていたアップルです。

 今回、サムスン電子は自社が保有する、LTE関連特許がiPhone5により侵害されているとして、提訴の準備を着々と進めていると報道されています。

 争点となっている、LTE関連の特許は、サムスン電子は12.2%を保有、他のメーカーとしてはNOKIAがトップの18.9% クアルコムが12.5%の特許を保有しています。

 なお、サムスン電子が行う訴訟に関して、LTEの特許侵害に対する提訴ですが、具体的にどの部分が特許に抵触しているかはわかっていません。

 同様に訴訟する構えのHTCは、自社が保有するLTE技術への特許侵害とともに、過去にHP(Hewlett Packard)から買い取った、以下の二点での提訴となる見込みです。

米国特許第7571221号:「埋め込み型ネットワークサーバでのネットワークサービスの設定」に関する特許

米国特許第7120684号:「コンピュータネットワークの集中管理の方法と仕組み」に関する特許

引用元:HTC、ヒューレット・パッカードから取得した特許の侵害でアップルを反訴 – CNET Japan

 泥沼の様相を見せる特許戦争、さて、その先にはいったい何が待ち受けているのでしょうか。