SB版iPhone5「容量無制限」表記削除→突然の復活

 さすがにiPhone5を前に、取り扱い事業者の動きも慌ただしいです。

 ガジェットショットによると、iPhone5専用の「4G LTE 定額プログラム」解説ページから、「容量無制限」の表記が一時的に削除されていたとのこと。

 docomoのXi、KDDIの4G LTE、そしてSBの4G LTEは、いずれも通信量が7GB/月を超えると通信速度の規制が行われます。今回の「4G LTE 定額プログラム」は、iPhone5に関してのみ、そうした制限を無くすというもの。

 SoftBankは既存のiPhoneユーザーを対象とする「下取りプログラム」を発表直後、一時的に公式ページを削除、そして何事もなかったように再びページを公開しており、同社の混乱ぶりが垣間見えます。

 現在では、定額プログラムの解説には「容量無制限」の文言が復活しています。

 KDDIは当初発表したテザリングの追加料金525円を、2年間無料にすると発表しています。SBはテザリングを解禁しない、そして料金的にも優位性があまりない以上、通信制限において差を付けるしかありません。

情報元:ガジェットショット,プログラムについて