シャープ 富士通と携帯事業で統合を検討

 フィーチャーフォン時代から強いブランド力を築きあげてきたシャープが昨今の経営難により、携帯事業を富士通と統合する案がシャープ内で検討されていることが、News i TBSの報道によりわかりました。

 関係者によりますと、シャープは取引銀行に示した再建計画に「携帯電話事業を富士通と統合する案を検討する」と盛り込んだということです。統合が実現すれば、両社の国内シェアは30%を超えることになります。

  ネガティブなニュースかポジティブなニュースか非常に考えが分かれる報道ですが、あれほどまでに輝いていたシャープの携帯事業が富士通と統合される可能性があることを考えると盛者必衰の理を感じずにはいられません。

 なお富士通は

一方、富士通はJNNの取材に対し、「現時点で統合は検討していない」とコメントしています。

 と、今回の報道を否定しています。

 再建計画の「目の付け所」が違いすぎているのか、経営陣の「目指している、未来が違う」のかはわかりませんが、今後とも注視したい報道です。

情報元:「シャープ、富士通と携帯事業で統合検討」 News i – TBSの動画ニュースサイト