ドコモ、spモードメールを「ドコモメール」に改称 クラウド化でマルチデバイス利用が可能に

 ドコモは、spモードメールをクラウド化。マルチデバイスでメールを利用可能になり、機種変更などで移行に手を煩わせる必要がなくなるとのこと。

 メールサーバーがクラウド上にあって同期される、PCメールやGmailのようなイメージでいいのだろうか。

 名称も「ドコモメール」に変更。悪名高いアプリックス製のspモードメールも大幅に変更が行われるとのこと。ICS以降のOSに提供される模様。

 ユーザーの利便性を損ねるキャリアメールの使い勝手が、他のPCメールなどと同様になれば喜ばしいことだ。

 「ドコモメール」の提供開始予定は2013年1月とアナウンスされた。