ドコモ、冬モデル17機種を発表 全スマホLTE対応、ガラケー復活、タブあり、WPなし

 スマートフォンは9機種、iモード4機種。タブレット、Wi-FIルーターも。

 従来比2倍の急速充電に対応する「ACアダプタ04」と、大容量バッテリーを備えたラインナップで、よりアクティブにスマートフォンを使えるように。

 従来のおサイフケータイに加え、NFCも軸に。

 MasterCardとの提携も発表。世界41カ国でNFC決済サービス提供に合意。iDを世界中の約50万箇所で使えるように。

 1年間基本料金が実質無料になる新キャンペーンも。10年以上利用しているユーザーなら2年間。

 また、ドコモクラウドも改めて加藤社長が解説。ユーザーにとって特に重要そうに思えたのは、spモードメールのクラウド化かも。

 しゃべってコンシェルが、iコンシェルと連携。ちびまる子ちゃんやけいおんのキャラクターに、見た目や声優まで変更できる模様。

 ポケベルのCMから、おなじみの広末涼子もトークセッションに登場。

ドコモスマートフォン

withシリーズ

ARROWS V F-04E

Tegra 3(最大1.5GHz駆動、クアッドコア)、2GBRAM、64GBストレージ、4.7インチHD、指紋センサー、防水防塵。

MEDIAS U N-02E

 

 5つのガードで安心して使える「PLUSPROOF」仕様。防水防塵耐衝撃のタフネススマホ。リングストラップ付属。冬モデルで唯一の物理キー。4インチ WVGA TFT液晶。

N-02E ONE PIECE

 MEDIAS U N-02Eベース

Optimus LIFE L-02E

 

 グラフィックデザイナーの佐藤卓氏が「日常の断片(Slice of Life)」をテーマにデザイン。

Xperia AX SO-01E

 

既報通り。三種の神器+防水防塵+NFC。ワンセグには同梱の外部アンテナを装着。

ARROWS Kiss F-03E

 ファッションブランド“JILL STUART”とのコラボモデル。おくだけ充電対応、ストラップスタイラス付属。

Disney Mobile on docomo N-03E

  NECカシオ製、ディズニーモバイルコラボモデル。

 

NEXT

AQUOS PHONE ZETA SH-02E

スマホ初IGZOパネル。2320mAhバッテリー、おくだけ充電は非対応。クアッドコア、RAM2GB、32GBストレージ。決済サービス込みのNFCも利用できるとのこと。

GALAXY S III α SC-03E

海外S3 LTE同様、クアッドコア、実行用メモリは2GBに。クロックは1.6GHz。

 

Galaxy Note II SO-02E

 

 

STYLEシリーズ

SH-03E

 SH-11Cの後継機。防犯ブザーやペアレンタルコントロールを備えることから、店頭では廉価なモデルになることも予想できるが、CPUにルネサス製AG5 1.2GHzを搭載するなど、性能は高い。

F-01E

 指紋センサー、プライバシーモードなどのセキュリティ機能に特化。傷の付きにくい硬化コーティング、高い質感など、30~40代男性をターゲットにしている。

N-01E

  N-03Dの後継機。iモード端末としては大容量の1010mAhバッテリーを備える。

P-01E

  ワンプッシュオープン採用。見やすさ、聞きやすさ、押しやすさに重点を置いたモデル。

タブレット

ARROWS Tab F-05E

 10080mAhの大容量バッテリーを備えたファミリータブレット。

フォトパネル05

 東芝製。REGZAの映像技術。

モバイルWi-FiルーターL-03E

 LG製。バッテリー容量3600mAh。

 

 既に報じられているように、Windows Phone 8端末は、キャンセルされた模様。ただ加藤社長としては端末メーカーとMicrosoftの問題というニュアンスで記者からの質問に答えており、導入には前向きな様子。Microsoftの判断と、日本ユーザーの嗜好が鍵を握っていると言えます。