iPhone5の「ノイズ不具合」に急展開 ハードウェア上の欠陥である可能性が浮上

 iPhone5で多数報告されている「パスワード入力中にノイズが入る」「キーボードが砂嵐のように乱れる」といった不具合ですが、新しい事実がわかってきました。

 この不具合は自分のiPhone5でも発生するので、スクリーンショットを撮ろうとするのですが、この撮影がうまくいきません。

 実際、この不具合については世界中で多数報告されているにも関わらず、奇妙なことに、スクリーンショットの撮影に成功したという報告が、ただの一件もないのです。

 スマートフォン不具合速報によると、この件について米国のAppleサポートコミュニティでは、ユーザーItsmurat氏が「グラフィックチップまたはグラフィックメモリに起因する問題」であると指摘。氏は元ノートPC技術者を名乗っています。

 透明度のあるキーボードをレンダリングするにはGPUを用いており、ノイズがスクリーンショットに映らないので、そうしたGPUなどのハードウェアの問題の可能性が高いということのようです。

 iOS6のMapは、ソフトウェア上の問題なので、後からソフトウェアアップデートをすれば済む話ですが、ハードウェア上の問題となると、単なるソフトウェアアップデートだけでは済まない可能性も出てきます。

情報元:スマートフォン不具合速報Appleサポートコミュニティ