日本メーカーは「力不足」 WindowsPhone8の「国内投入先送り」はMicrosoftが決断した模様

 日本経済新聞によると、冬を目処に予定されていた、日本メーカーを中心とする「Windows Phone 8」搭載端末の順次国内市場投入は、キャンセルされた模様。

 欧米、中国市場では11月に発売されるWindowsPhone8だが、OSの統制を強めるMicrosoft自らが、日本市場は時期尚早と判断した形だ。

 携帯電話の出荷台数で見ても日本市場はそこまで大きくなく、成熟していること。日本メーカーに任せても、端末の投入先がその日本市場ばかりになるのが目に見えていること。国内メーカーに新型OSを提供しても、他OSを追撃するには力不足であること。たとえ一機種だけとはいえ、KDDIから投入された富士通東芝製のIS12Tの販売不振が、「日本におけるWindowsPhoneの販売不振」として受け止められたこと。その事実のため、通信各社もMicrosoftの判断を拒否しなかったこと。

 これらを理由とするMicrosoftの判断により、NTTドコモは今冬予定していたWindowsPhone8搭載端末の販売を見送る。

 記事中では、他にもサムスンや、一時日本市場を撤退して復活の待望されていたノキアも、日本市場にWP端末投入を予定していたようだ。富士通などもWP端末を開発していたことは間違いない。日本メーカーのWP端末だけでなく、ATIVやLumiaというサプライズも計画されていたと思われるが、これも前述の理由によってキャンセルされる。

 単なる先送りならやむなしとも思えるが、今WP8を投入せずして、いつなら投入できるのか。iOSやAndroidを追撃するプレイヤーが他にいない以上、時が経つほどWindowsPhoneが日本市場から遠のいていく光景しか思い浮かばなくなる。Microsoftが日本市場においても早期攻勢をかけることを望みたい。

情報元:日本経済新聞