ソフトバンク、Sprintに加えて「北米第五位」のメトロPSC社も買収 史上最大級「二兆円」の超大型買収になる模様

 北米第3位の移動体通信事業者スプリント・ネクステルの買収について、ソフトバンクモバイルは「協議をしていることは事実」とのコメントを発表。

 それに加えて、ソフトバンクはスプリントを通じ、米携帯電話5位のMetroPSC Communicationsの買収も検討している模様。スプリント、そしてメトロPSC両社を買収すれば、買収総額は2兆円を超える。日本企業最大の買収劇といえばJTが英ガラハーを1兆8000億円で買収したもの。

 2社の契約数の合算は約6530万件。北米1, 2位のAT&TやVerizonを追撃できる数だ。

 ソフトバンクは、日米両国で1位と2位の移動体通信事業者と戦う体制をと整えていると言える。

情報元:日本経済新聞