全機種「テザリング」「AXGP下り76Mbps」対応 SBスマホ冬春モデルまとめ

 手堅いラインナップで攻めてきました。

 ソフトバンクは、冬春モデル11機種(うち8機種がスマホ、残り3機種がフィーチャーフォン2機種+フォトビジョン)を発表。スマートフォン8機種のうち2機種が、ディズニーモバイル。DM014SHとDM013SHは、それぞれPANTONE6 200SHとPANTONE5 107SHをベースモデルとしています。

 スマートフォンに関しては、全モデルがテザリング、900Mhz帯のプラチナバンド、下り76MbpsのAXGP(TD-LTE)に対応しています。

 QualcommのSnapdragonはTD-LTE方式もネイティブにサポートしているため、AXGPのSoftBank 4Gにも対応できています。

 なお、Android4.0の機種も4.1へのアップデートが明言されていますが、STREAM 201HWに関してはされていないようです。

シャープ PANTONE 6 200SH 

 カラバリは25色と豊富なのが最大の特徴。三種の神器+防水。バッテリーは1900mAhと大容量ながら、実は着脱不可。

 12月下旬以降発売、本機をベースとしたディズニーモバイルDM014SHは2013年春に発売。Android4.0、FeelUX、Snapdragon S4 MSM8960、HD解像度の4.5インチS-CGSilicon液晶。

モトローラ RAZR M 201M

 ゴリラガラス2、防弾チョッキにも使われるKevlar素材を用いた強固なボディ。しかし薄さはわずか8.3ミリおサイフケータイにもしっかり対応。

 10月下旬以降発売。Android4.0、Snapdragon MSM8960、4.3インチqHD 有機EL

華為 STREAM 201HW

 電源5秒起動。日本語入力がFSKAREN。10月10日から発売中。qHD有機EL。

AQUOS PHONE Xx 203SH

 0.4秒で起動する1640万画素裏面照射型CMOSのカメラを備えていながら、実行用メモリ2GB、2200mAh大容量バッテリーなど基本性能もトレンドに乗り遅れていない。音響にはDolby Mobile v3を採用。もちろん三種の神器+防水防塵。

 2013年3月以降登場。Android4.1、Snapdragon S4 Pro APQ8064(クアッドコア)、HD解像度の4.9インチS-CGSilicon液晶。

富士通 ARROWS A 201F

 指紋センサーによる富士通ならではの「プライバシーモード」提供。バッテリーは2420mAhと大容量。三種の神器+防水+NFC

 2013年2月上旬以降発売。Android4.1、Snapdragon S4 Pro APQ8064(クアッドコア)、4.7インチ HD液晶。

京セラ HONEY BEE 201K

 持ちやすい横幅、129gの軽量ボディで、ポップな5色展開。200万画素のインカメラやストラップホールなど、抑えるところはしっかり抑えた女子スマホ。しかしながら三種の神器+防水、JellyBean、2000mAhバッテリーなど、基本性能も欠けていないところは、相変わらず侮れない、京セラらしい手堅い機種。低解像度が吉と出るか凶と出るか興味深いところ。

 2013年1月以降発売。Android4.1、MSM8960 1.5GHzデュアルコア、解像度WVGAの3.7インチTFT液晶。

 

 スマートフォンは以上のラインナップとなっています。

 フィーチャーフォンはPANTONE WATERPROOF 202SHと、ビジネス向けにカメラを廃した202SH for Bizが登場。

 他には、地デジと防水に対応したPhotoVision TV 202HW、TSUTAYAやGyaOをテレビで楽しむ、HDMI対応のスティック型端末SmartTVが登場しています。

情報元:ITmedia Mobile, SoftBank