孫社長がテレ朝に生出演 「もうNTTも恐くない」

 スプリント買収を正式発表したソフトバンク。

 テレビ朝日の報道ステーションの生放送に出演した孫社長は、自信に満ちた表情で買収の意図や心中について語った。

 今回の買収は、スマートフォン、LTEなど時代の転換期であり最もベストなタイミングであると認識。たったの金利1%で銀行も貸し付けてくれるなど、プロの目から見ても裏付けのある買収であり、これまでソフトバンクが、ウィルコムやVodafoneの赤字を解消してきた実績を強調した。

 「本田宗一郎氏や盛田昭夫氏はリスクを恐れず世界に打って出た」「以前は恐かったNTTは、もう恐くない」と買収への自信をみせつつ、ドコモを追い抜き世界で第三位の契約者数となったことについて、「ウィルコムやイーアクセスの契約者数を含めるかどうかは些細」「大ボラかもしれないが、1億か2億かという話になってきている」と冗談交じりで余裕をアピールした。

 また、買収によって基地局インフラを低価格で整備でき、最新端末の調達で交渉力をキープできるとし、日本のユーザーにも還元があるとの見方を示した。

 また、2年前から守りに入っていたと自省。ただ借金の問題に目処がついたので、攻勢に出たと心境を明かしている。