サムスン幹部「我々はアップルと交渉するつもりはない」

 

 先日、台湾HTCがアップルとクロスライセンス契約を結んだことをお知らせしましたが、世界で一番大きな火花を散らすサムスンVSアップルの構図は未だに崩れることはなさそうです。

 サムスンモバイルコミュニケーションの社長 申宗均 氏が

「HTCはAppleに3000億ウォン支払うことで合意したようだが、われわれは(交渉する)つもりはない」

 と語ったことがわかりました。

 HTCがアップルに対して、支払っている金額は一台に着き6~8ドルといわれており、この判断が吉と出るか凶と出るかは、今後の市場の行く末を見守るほかありません。

 個人的には、最近のサムスン製端末はオリジナリティがありいわゆる「パクリ」ではない水準に達しています。ただ、訴訟の対象となっているのは本体の意匠(デザイン)だけでないという点も留意しておくべきポイントでしょう

情報元:Samsung幹部「Appleと交渉するつもりはない」と発言──韓国メディア報道 – ITmedia ニュース