世界初「56インチ4K解像度有機ELテレビ」でSONYが見せる、AV企業としての意地。

 展示だけで終わらなければ良いのですけどね。

 世界最大の家電見本市CES2013で、SamsungやLGが50型程度のフルHD有機ELテレビを展示する中、ソニーは世界初となる56インチ4K解像度有機ELテレビを展示しました。

 この有機ELテレビはTFT材料として酸化物半導体を採用しており、台湾AU Optronics(AUO)と協力して開発したそうです。酸化物半導体の例としてはIGZOなどが挙げられ、台湾AUOがIGZOのライセンスを科学技術振興機構から受けているあたり、恐らくこのパネルにもIGZOが採用されているものと思われます。

 台湾AUOとソニーの関係は以前から噂されており、次世代のXperiaスマートフォンにAUOの製造した有機ELディスプレイが搭載されるかもというもありました。

 今回展示された有機ELテレビは、Samsungなどの「ボトムエミッション方式」とは違い、ソニー独自の「スーパートップエミッション方式」で光を取り出しています。この方式は、ボトムエミッションよりも光の利用効率に優れ、より明るく、鮮明に映像を表示することができます。言うなれば裏面照射型CMOSセンサーのようなものでしょうか。

 また、以前展示した100% LEDなディスプレイ、Crystal LED Displayも継続して開発を進めているとしています。

 日本企業が総じて苦戦する中、ソニーは最新技術をもってAV企業の意地を見せてくれました。製品化に期待したいところです。

情報元: SONY, Yahoo!

CES2013関連記事 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus