アップルからのお年玉?アップルが出版大手と書籍配信に大筋合意 日本経済新聞

 

 iBooks で日本語の電子書籍コンテンツが楽しめる日は近いのかもしれません。

 日本経済新聞が平成25年1月1日(火)に報じたところによると、アップルが日本で電子書籍を配信するために、出版大手から書籍の提供を受けることで大筋合意したことがわかりました。

 現在の iBooks は日本語のコンテンツがほとんど無く、コンテンツ流通はほとんど無し。書籍を楽しめるベストサイズの iPad mini の iBooks も閑古鳥が鳴く状態でした。

 今回のアップルと書籍の配信に大筋で合意したのは以下の出版社です。

  • 講談社
  • 小学館
  • 角川ホールディングス

 講談社や角川ホールディングスの書籍が配信されるのは、コンテンツ拡充に繋がる大きな要素となるでしょう。

 iPad は印刷物に迫る解像度、iPad mini は持ち運びの出来る気軽なサイズ、それらを生かして電子書籍を楽しみたいですね!

 2013年始まってそうそう、面白そうなことが始まってきましたね!

情報元:アップル、日本で電子書籍 出版大手と大筋合意  :日本経済新聞
(アカウント登録をすると全文が閲覧できます)