「iPhone5S」「iPad5」「iPad mini2」のコードネームが流出 大画面「iPhone Math」は試作機の誤報か

 「iPhone Math」という大画面のラインナップが増える!という噂が囁かれましたが、これについてiLoungeが否定しています。

 このMathは「iPhone +」を海外サイトが誤訳したもの。確かに「iPhone +」は試作機として存在し、4.7インチの大画面ディスプレイを有していたものの、そのまま市場に出ることはないということです。

 さらに今回iLoungeによってリークされた新型のコードネームと、その登場時期については以下の通り。

N51 / N53iPhone 5S。SONY製のカメラセンサーを搭載し、背面のフラッシュライトが大型化されたもの。量産は数ヶ月先。目標を7月登場とし開発中。

J72iPad 5th。リリースは10月前後に。

J85iPad mini 2nd。こちらもリリースは10月を目標に。初代iPad miniと姿はよく似ているが、ディスプレイがRetina化しており、今回はSHARPのIGZOを採用する可能性がある。

 以上が、現在までに判明している新型iPhoneとなっています。現在時価総額を大きく下げているAppleですが、iPhoneは中国市場、特に香港においてさえも、iPhone5の販売が先細っている状態です。

 廉価版iPhoneを低価格市場向けの起爆剤としたいことから、主に中国向けに廉価版iPhoneを投入していく考えのようです。廉価版iPhoneはやはりプラスチックボディーで、2013年内の投入を目標に開発されているようです。

情報元:iLounge 経由:リンゲルブルーメン

この記事にコメントする

comments powered by Disqus