KDDI Firefox OSを搭載したスマートフォンの投入を検討中

 選べる自由、再び。

 KDDIの田中社長がHTML5関連技術の定例イベント「HTML5とか勉強会」のサプライズゲストとして登場、その場でFirefox OSを搭載した端末の投入を検討していることを明らかにしました。

(画像引用元:Firefox OS

 Firefox OSはWeb開発の技術を応用し、アプリケーションをHTML5をはじめとしたWeb技術で確立することを目的としたOSで、開発コード名は「Boot to Gecko」AndroidのJavaVMをはじめとする、中間レイヤを省き、Gecko(Firefoxが採用しているレンダリングエンジン)をネイティブな動作環境とすることで、高速なWebアプリケーションの動作を確立させています

 KDDIがあえて提供するメリットは、アプリケーション開発の期間を短縮できること、低いスペックのマシンでも一定の水準でアプリケーションを動作させられることが上げられ、リッチなマルチメディアコンテンツを楽しむことは難しいかもしれませんが、電話とメールくらいしか使わないユーザにとっては、必要な機能を持つスマートフォンが、低価格で手に入るというメリットを享受できます。

 具体的な投入時期は名言されていませんが、果たしてどのような形で製品が投入されるのでしょうか、非常に楽しみです

この記事にコメントする

comments powered by Disqus