本日発売 富士通ARROWS X F-02Eは買いか?

[追記]F-02Eの黒はリアカバーの浮く不具合があるようです。

 NTT docomoの春モデル 富士通「ARROWS X F-02E」は本日発売となります。

 昨年冬モデルにおいて欠番だった「F-02E」は、Windows Phoneだったのではないかとの憶測もありましたが、AndroidのARROWSシリーズで埋められることになりました。欠番を埋めたというより、単純に開発が遅延したのではないかと思いますが。

 昨年冬モデルが「ARROWS V F-04E」で、今年の春モデルが「ARROWS X F-02E」です。04ではなく02が最新です。変則的な型番命名規則で、間違えてF-04Eを買ってしまった、ということがないように気をつけましょう。

 OSバージョンはAndroid 4.1 Jelly Bean。とはいえ昨年モデルからUI的に変更された点は少ないです。通知トグルを簡単に置き換え、カスタマイズできるのはいいですよね。

 F-04Eに搭載されていた「SAKURAチップ」が、後継チップである「COSMOS」へとに変更されています。従来に比べて3Gモジュールを統合することで、省電力になっています。

 ベンチマーク結果が、他のTegra3採用機と比べてやたら低いのは気になりますが、充電中や通常利用では動作するコアを強く抑制する傾向があるのでしょうか。有料の洋ゲーなどを動作させる時には本気を出してくれるんでしょうかね。

 ただ指紋センサーやTegra3+などは他社にはあまり見られないのも確かで、それなりに人気があるのも頷けます。

 個人的には、ARROWS系統のディスプレイはあまり好みではないです。応答速度や色彩もよくないので、もし買うのであれば、モックを自分の目でチェックし、不具合がないかどうかを確認するため少しだけ待ってから購入するのが、後悔が少なくてベストだと思います。

[追記]F-02Eの黒はリアカバーの浮く不具合があるようです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus