これが新しいグローバルスタンダード!「BlackBerry Z10」に刮目せよ!

 RIM改め「BlackBerry社」の発表した「BlackBerry Z10」について、詳細なスペックが判明しています。

 現在わかっているスペックを表にまとめてみました。

OS BlackBerry® 10
CPU Snapdragon S4 デュアルコア 1.5GHz
メモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB + microSDスロット
ディスプレイ 4.2インチ, 解像度 1280×768, 密度 356ppi
カメラ 800万画素AF, 1080p HD録画対応
インカメラ 200万画素固定フォーカス, 720p HD録画対応
バッテリー 1800mAh
寸法 (高さ X 幅 X 厚さ) 130 X 65.6 X 9 (mm)
重量 137.5g
その他 Micro HDMI出力端子, Bluetooth 4.0 LE, NFC

 BB10をOSに採用している機種が事実上Z10, Q10しか存在しない以上、あくまでも参考程度でしかありませんが、他社に大きく劣っていることはないと思います

 適度なサイズの画面は、高精細。電池容量は平凡なので不安な部分はありますが、通信を抑え電池をもたせることに関して、元々BlackBerryというプラットフォームは優秀なので、電池容量以上のバッテリーライフが期待できると思います。

 優等生ではありますが、目立ったイノベーションには欠けているようにも思います。しかし端末の出来のみならず、RIMの強みであるセキュリティ上の堅牢性も再評価されています。ビジネスにも耐えうる能力を持ちながら、今回のBB10は、コンシューマーをしっかりと見据えている点が高評価に直結しています。

 たとえAndroidから移植したものなどが多いとはいえ、アプリ数はとりあえず公称数7万を揃えており、スタートダッシュとしては極めて良好。北米市場では通信事業者上位4社と交渉済みであることも、BlackBerryの明るい未来を予感させます。

 惜しむらくは、日本の通信事業者は音沙汰が無いということでしょうか。BIS(ブラックベリーインターネットサービス)もXiプランに対応しており、ドコモにその気があれば出るとは思いますが、ドコモはブラックベリーの販売がいつも異様に遅いので、ゆっくり待つことになるため、早く手に入れたければ個人輸入しかありませんね。

 カラーは黒と白の二色。リーク通り、英国では発表から間もなく販売開始。米国市場では3月に発売されます。価格はキャリアとの2年契約で実質価格$199となります。

情報元:BlackBerry World

この記事にコメントする

comments powered by Disqus