国内キャリアも「Firefox OS」「Tizen」採用端末、2013年度内に販売 MWC期間中にKDDIが発表と日経報じる

 本日から開催となる世界の携帯見本市・MWC2013ですが、会期中にKDDIが「Firefox OS」に関連して何らかの発表を行うと日本経済新聞が報じています。

 同OSについて田中孝司社長が「面白そうでしょ」と発言していることも、こうした予測を裏付ける一因となっているようです。既に同紙では確定事項として報じられており、KDDIは既にメーカーの選定まで行っているとのこと。

 T-Mobile、Sprint、Qualcommが協賛しているFirefox OSは、HTML5をベースに開発されており、アプリ開発の容易さにより、iOSとAndroidの二強体制を打破することが期待されています。

 モバイルOSのオルタナティブとして、同じくサムスンのHTML5ベースの「Tizen OS」があり、こちらも2013年度内にNTT docomoが販売すると報じられています。

情報元:日本経済新聞 1, 2

この記事にコメントする

comments powered by Disqus