3G不具合、バッテリー異常消耗を改善する「iOS6.1.2」がリリース

[追記]相変わらず改善されていないという声もあります。

 アップルは、最新の「iOS 6.1.2」をリリースしました。

 このアップデートでは、「ネットワークアクティビティの増加やバッテリー寿命の短縮につながる可能性のあるExchangeカレンダーの問題」が修正されているとのことです。

 iOS6.1へのアップデートで、Exchangeバグによって、バッテリー消耗が増加するバグと、3G接続が不安定になるバグと、パスコードロックを迂回できてしまうバグが追加。

 iOS6.1.1へのアップデートでも、バッテリーの異様な消費量は改善されていませんでした。

 それが今回、バッテリー消耗やネットワークについて言及があるので、期待できると思います。

 しかしExchangeをオフにしても電池消耗は悪化すると訴えているユーザーも一部にいることから、どこまで改善するか不明です。ここ最近、立て続けにアップデートがされていますが、やたらバグが多いので、不安な人は少し様子を見た方がいいかもしれません。

 また、パスコードロックを迂回できてしまうバグは修正されていないので注意が必要です。

[追記]相変わらず改善されていないという声もあります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus